シェアハウス

一棟不動産投資物件の中でも、シェアハウスの特徴について紹介していきます。

収益物件として優秀なシェアハウス

一棟投資物件の対象として、急速に人気を高めているのがシェアハウスです。

もちろん、それには相応の理由があるから。

では、投資対象としてのシェアハウスの魅力についてみていきましょう。

高い利回り

投資である以上、もっとも重要なのが利回り。シェアハウスは高利回りをえられる形態の不動産です。

1戸を複数人の入居者で分割居住するため、物件を効率良くまわすことができ、なおかつ高い収益性を享受することが可能。1人あたりの賃料は割安でも複数人あつまれば、1戸1世帯で賃貸するよりも賃料収入は格段にアップするというわけ。

1戸あたりの賃料が高い物件は入居者が絞られてしまい、空室が埋まりにくい傾向にあります。そんなときは、シェアハウスとして活用するのがとくにおすすめです。

分割貸与することで1人あたりの賃料負担が軽くなるため、20~30代の若い世代に強烈な求心力を発揮します。

安定した収入

ワンルームの区分マンションや戸建て住宅の場合、入居者が出ていくと次の入居者が入るまで家賃収入にも空白期間ができてしまいます。

また、次の入居者が決まらなければ、賃料空白期間もそのままそっくりポッカリあいたまま。

その点、シェアハウスは一部屋あいたとしても、ほかに誰かが入居していれば収入が途絶えることはありません。一棟買いでシェアハウスに投資した場合なら、空室による賃料収入減のリスクもかなり軽減されるでしょう。

将来性の高さ

シェアハウス自体は決して新しい賃貸形態ではありませんが、ここ数年でグンとニーズが高まってきました。

借り手からすると、好条件の物件に割安で入居できるわけですから、これ以上おいしい話もないわけです。

しかし、シェアハウスが人気の理由は何も賃料の安さだけではありません。若い世代を中心に、個室でのプライバシーを保ちながらリビングに集うオープンなスタイルが支持されているからです。

1人暮らしでは決して味わうことのできない共有感や安心感が得られるのも、シェアハウスならでは。

シェアハウスの潜在顧客である単身者の世帯数も年を追うごとに増えており、将来性も豊かであることも見逃せないポイントでしょう。

⇒おすすめのシェアハウスセミナー5選はこちら

TOP