マンション

マンションの一棟買い不動産投資の特徴などについてまとめていきます。

一棟買いマンション投資のメリット

これまでもマンションへの投資は定番の副業でした。

ですが、それはワンルームマンションの区分所有、もしくは戸建物件による投資が多く、マンションの一棟買いというと、かなり思い切った投資に思われます。

しかし、実際のところほとんどのケースが低金利の住宅ローンを活用しての投資なので、比較的誰でも参入しやすいのがマンション一棟買いによる不動産投資の魅力のひとつです。

一棟買いと比較すると区分マンションは購入価格が安くて手が出しやすいものの、実質的に土地はないも同じ。戸建は築年数のほか、とくに都市部では敷地面積、道路付けの状況が悪いため、ともに満足のいく融資が引き出せません。

その点、一棟買いマンションなら十分な土地もついているため担保価値が高く、融資額や金利面でも優遇されます。そのため低資金でも始めやすいのです。

だからといって、闇雲にローンを組むのはNG。

敷金・礼金・家賃などの収入のほか、修繕費・諸費用などの支出も含めたキャッシュフローを立てるのはもちろん、空室率やローン返済額についてもとことん吟味したうえで融資を利用するようにしてください。

マンション一棟買い投資のメリットは、なんといっても区分マンションよりも大きな収益力にあります。

アパートに比べても賃料が比較的高めに設定でき、家賃6万円だとしても20戸入居者がいれば賃料収入は120万円。単純計算で年1,440万円の収入です。

年1,000万円以上の収入があれば、ローンも無理なく返済することができます。

その他の一棟買い不動産投資同様、マンションとしての利用を終えても、土地の活用方法が自由であることも忘れてはならないでしょう。

成功必至の狙い目物件とは

マンションの一棟買いをはじめるなら、おすすめなのが地方の物件。

東京などの大都市と比べ、地方は格段に住環境が優れています。にもかかわらず、地方都市には供給を超える賃貸需要があるエリアが必ず存在するのです。

そのエリアこそが狙い目。地方都市ならまだそれほど投資家の手も入っていませんし、競合が少ないのもメリットです。

もしマンションの一棟買いを検討しているのなら、人工の増加傾向にある地方都市をチェックしてみることをおすすめします。

しかし、「どうしても都心で物件を探したい」という方もいらっしゃるでしょう。

そういう方におすすめなのが、シェアハウスです。

人気エリアでありながら割安な家賃で入居でき、居住者同士の交流も楽しめるシェアハウスはもっか人気急上昇中。

マンションを一棟買いしてシェアハウスにリフォームするのも、効果的な不動産投資テクニックです。

⇒おすすめのシェアハウスセミナー5選はこちら

TOP