HOME » どう選ぶ?一棟投資物件の特徴まとめ

どう選ぶ?一棟投資物件の特徴まとめ

一棟買い不動産投資物件はシェアハウス、アパート、マンション、オフィスビル・商業ビルなど様々な種類がありますが、それぞれの特徴について紹介していきます。

物件形態別の特徴をリサーチ

各物件によって強みや特徴は異なります。自分のニーズに見合った物件形態はどれなのかを知ることは、投資を成功させるポイントのひとつでもあるのです。

シェアハウス

ここ数年で劇的に人気が高まってきているシェアハウス。シェアハウスが入居者から支持される理由は、都心の人気エリアの物件に割安な家賃で暮らすことができる点です。

しかし、理由はそれだけではありません。同じ建物に暮らす居住者がリビングに集ってコミュニケーションをとったり、空間を共有したりする、シェアハウス独特の空気感が、若い世代を中心に賛同を得ている点も大きな理由でしょう。

つまり、少子高齢化が顕著になっていくこれからの時代にマッチした、集合住宅の次世代型ともいえます。投資家からも利回りや安定感、将来性などが評価されており、投資対象としてもすぐれた一棟不動産物件です。

アパート

長らく日本の集合住宅の主役をつとめてきたアパート。中古物件が多く、利回りをチェックしたうえで投資できる物件として定評を得ています。

アパートの魅力は実績の高い物件が多いことと、価格もお手ごろな物件が多いところ。これから一棟買い不動産投資を始めようとする人でも、比較的低リスクで投資できる物件形態といえるでしょう。

マンション

マンションとアパートは、実は法律的には明確な線引きはありません。不動産業界のなかでは、木造、軽量鉄骨造などの物件をアパートとし、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造のものをマンションとしています。

ですから、特徴としてはアパートとは大きな差異はありません。しかし、構造の違いから減価償却費や税金面で多少の差があるため、節税目的で投資する場合は注意が必要です。

オフィスビル・商業ビル

物件価格も高いが、高額な賃料収入も見込めるのがオフィスビル・商業ビルの特徴。相続税対策としても力を発揮し、相続を考えて投資する人も多い物件です。

しかしながら、設備面や税金などで住宅物件にはない特有のデメリット、リスクがあり、ほかの物件への再投資をうかがいながら運用するのがかしこい方法かもしれません。

【番外】新築物件と中古物件の違い

新築と中古、その違いについても知っておきましょう。「築年数が違う」というのは当然ですが、投資するならどちらがいいのでしょうか。

それぞれの特徴を見ながら、長期にわたって投資する場合、短期で利益を回収する場合の優位性などについてチェックしてしてみてください。

TOP