サブリース

シェアハウスの運営方法のひとつである、サブリースについて紹介していきます。

サブリースでシェアハウス経営するメリット

サブリースは一括借上ともいわれる運営方法で、シェアハウスオーナーの6割が利用しているといわれています。

このサブリースの特徴は、入居者の有無に関係なく家賃収入が保証される点でしょう。

契約時、管理委託会社がシェアハウスの家賃を査定します。その家賃の60%~75%が、満室・空室に関わらず毎月オーナーの収入として支払われるわけです。

賃貸物件の管理でもっともわずらわしい賃貸管理、入居者管理も委託できるので、オーナーは本業にいそしむことができます。

シェアハウスを丸ごと一件、管理委託会社が借り上げて運営する形式のため、物件管理のわずらわしさもありません。

また、管理委託会社としては、入居率を問わずオーナーへの支出は変わらないため、空室がでればそれだけ損となります。ですから、管理委託会社が空室を出さないために、あらゆる営業努力をしてくれやすいというのも、サブリースのメリットといえるでしょう。

サブリースでシェアハウス経営するデメリット

サブリースにもそれなりのデメリットがあります。

まず、入居者管理を任せているため、どんな人が住んでいるのかよくわかりません。ある程度は入居希望者のリクエストができますが、あまりこだわっていては空室が埋まらないこともあり、あてにはできないでしょう。

当然、物件の自由度も低くなります。

シェアハウスを一括して委託している方式ですから、裁量権は管理委託会社にあるものと考えてください。

なお、管理委託会社への業務委託運営には、ほかにも普通賃貸管理という方法があります。こちらは家賃の10%から20%に入居者数をけかた額を管理手数料として支払うシステム。

空室が増えれば支払う管理手数料も少なくて済みますが、そのぶん、オーナーの家賃収入も減っているというジレンマも。

そのため現在では、家賃収入が保証されるサブリースで運営するオーナーが多いようです。

サブリースのメリット・デメリット

メリット デメリット
■わずらわしい管理業務がない
■決まった家賃収入が保証される
■空室による賃料減がない
■物件への自由度がない
■入居者の実態がわからない
■運営の裁量権がない
TOP