HOME » 【特集】需要急上昇中のシェアハウス経営とは » オーナーになるまでの流れ

オーナーになるまでの流れ

シェアハウス経営で押さえておきたいポイントのなかでも、ここではオーナーになるまでの流れについて紹介しています。

シェアハウスオーナーになる方法

不動産投資としてメリットの多いシェアハウス。シェアハウス経営に興味を持っている方も増えているようです。

では、実際にシェアハウスオーナーになるには、どのような流れで進んでいくのかをみていきましょう。

シェアハウスのオーナーになるには、いくつかのパターン・流れがあります。

■シェアハウスオーナーになるパターン

  • (a)自宅を活用する
  • (b)自宅以外の所有物件を活用する
  • (c)物件を購入する
  • (d)サブリースを利用する

と、大きく4つのパターンにわけることができます。

このうち、(a)のパターンでオーナーになるには、すでに賃貸マンションの一部を自宅としているか、もしくは結構な豪邸に暮らしているケースに限られるでしょう。

なかには自宅で入居者と同居することに拒否感がある方もいらっしゃるかもしれませんが、すでに2世帯住宅などに改築している場合などは、そのまま活用できるため初期投資もかからず、条件が合うならおすすめの方法です。

また、(b)も同様に、マンションやアパートなどシェアハウスとして活用できる物件を持っていることが前提となります。

住宅物件をすでに所有しているのなら、リフォームさえしてしまえばすぐにでも始められますし、自宅を活用するよりも多くの人に入居してもらうことができるでしょう。

しかし、(a)(b)のパターンは当てはまる人が少ないケースでしょうし、一般的ではないかもしれません。

続いて、誰もがシェアハウスオーナーになれる可能性のある、(c)(d)について説明していきます。

シェアハウスオーナーになるもっとも一般的な方法は、(c)の物件の購入です。

一時期に比べると現在は不動産価格も落ち着いてきており、思っているよりもリーズナブルに物件を購入することができます。はじめからシェアハウスにすることを想定してリフォームすれば、入居者のニーズともマッチし、立地や家賃などの条件しだいで満室も夢ではないでしょう。

専門的な知識がなくても、しっかりサポートしてくれる仲介・販売の不動産業者さえ選べば、不動産投資ビギナーでも運営の心配はありません。

より低リスクでオーナーになりたいのであれば、(d)のサブリースを利用するのも手。

サブリースとはいわゆるまた貸しのことで、実際の大家から物件を借りて、許可を得たうえでそれを第三者にまた貸しする手法です。

大家へ支払う賃料と第三者から得られる賃料の差額を、収入として得ることができます。

(a)~(c)に比べると収益は劣りますが、物件を購入するわけではないので経済的負担は大きく軽減されるのがメリット。

現時点では少数派の手法ですが、低資金・低リスクでシェアハウスオーナーになりたい方は、サブリースも視野に検討してみるといいでしょう。

TOP