個人経営

シェアハウスの運営方法のうち、ここでは個人経営による運営の特徴などについて説明していきます。

個人経営によるシェアハウス運営の特徴

オーナー自らがらシェアハウスを経営するケースは、全体の4割程度といわれています。この数字が多いのか少ないのかは、受け取り方によって変わってくるでしょうが、投資目的でシェアハウスのオーナーになることを考えると、意外と高い数字のように思います。

個人経営のシェアハウス運営は、物件探しからリフォームプランの作成、各種手配や届出、入居者募集・管理、賃貸料管理、物件管理など、あらゆることを自分、もしくは自分たちで担当します。

物件を丸ごと購入するなら別ですが、個人でリース物件探しをするのは至難のわざ。1戸に多数の若者が住む物件となると、なかなか管理会社や家主の了承がとれないのです。

初期費用なども個人ですべて工面する必要があるため、ある程度の資金的余裕があったほうがいいでしょう。

また、賃貸料や入居者管理も骨の折れる作業です。

入居率が高いうえに、入居者の入れ替わりも多いシェアハウスの管理は、通常の賃貸物件のそれとは比べものにならない仕事量。

副業としてシェアハウスを個人経営するのであれば、相当の覚悟をもって挑む必要があります。

シェアハウスを個人経営するメリット

個人経営には個人経営にしかないメリットもあります。

それは、オーナーのイメージにあわせて自由にコンセプトを決められること。

どんなシェアハウスにしてどんな人に住んでもらいたいのか、理想に近い住まいをつくりあげることができます。

イベントをひらいて入居者同士の交流を深めたり、特定の趣味嗜好の人を集めたりと、いわばオーナーはシェアハウスの大統領です。

賃料収入がすべてオーナーの収入となる点も、個人経営を選択する人が少なくない理由でしょう。

個人経営のメリット・デメリット

メリット デメリット 
■自由にコンセプトを決められる
■家賃設定や入居条件も自由
■家賃収入をそのまま得られる
■入居者管理や賃貸管理が大変
■庶務雑務などの作業量が多い
■空室損害があれば自己負担
TOP