期待できる利回り

需要が高まっているシェアハウス経営について知っておきたい情報のうち、利回りについてまとめています。

高い利回りが期待できるシェアハウス経営

安定した利回りが期待できることで定評のある、不動産投資。

なかでも、ここ数年シェアハウス経営の不動産投資が人気が高まってきています。

シェアハウスは欧米をはじめとした海外ではポピュラーな居住形式でしたが、日本で市民権を得たのはごくごく最近です。

長らくシェアハウスが日本で定着しなかったわけは、「他人と同じ屋根の下で暮らす」ということに慣れていない日本人(借り手)の問題もありますが、貸し手がその魅力に気づいていなかったというのも理由のひとつでしょう。

それが急激に人気となったのはメディアでの紹介やシェアハウス特有のコミュニティ志向の高まりもあり、借り手のニーズが変化したこともさることながら、高い利回りをえられることに貸し手が気づいたからです。

つまり、シェアハウス経営は高い利回りが期待できる不動産投資なのです。

シェアハウス経営における利回りの一例

投資目的として、築20年で3LDKの中古分譲マンション2,500万円で購入したとしましょう。

周辺の家賃相場は3LDKで15万円、1DKで6万5,000円でした。

この物件をファミリー世帯に通常どおり賃貸した場合、得られる家賃収入は月15万円。

これをもとに利回りを算出してみると、15万×12か月÷2,500万=0.072で、年7.2%の利回りということになります。

一方、シェアハウスとして貸し出した場合の利回りはどうでしょうか。

3LDKで3人入居、家賃は6万円だとします。すると、6万×3人×12か月÷2,500万=0.0864で、利回りは年8.64%。

ふつうに賃貸するよりも1.44%もの高い利回りをえることができるのです。

シェアハウスの家賃を7万円としたならば、利回りは10.08%まで跳ねあがります。

また、3人のうち1人が退去しても、のこりの2人から家賃収入があるので空室リスクもなく、当面の資金繰りに困ることもないでしょう。

これに対して通常どおり1戸1世帯の場合だと、その世帯が退去したとたん家賃収入は断たれてしまいます。

すぐに次の入居者が見つかればいいのですが、そう都合良くいくともかぎりません。

高い利回りと低い空室のリスクこそが、不動産投資対象としてシェアハウス経営が人気となっている理由なのです。

TOP