一棟不動産投資の物件形態別の違い

一棟買い不動産投資を成功させるには、あらかじめ物件形態ごとの特徴を知っておく必要があります。まずは、各物件のメリット、デメリットを押さえておきましょう。特徴・長所・短所を知ることで、ニーズに見あった投資物件を見つけやすくなります。

アパート・マンション

◯
物件数が多く、自分好みの物件を選ぶことができる
◯
土地付きなので資産価値や担保価値も高い
×
特に人気エリアは競合性が高く、空室リスクの懸念が

詳しく見る

オフィスビル

◯
賃料を高く設定できるため収益性が高い
◯
好業績の店子が入れば資産価値があがる
×
物件価格が高額で設備環境投資と維持費もかかる

詳しく見る

シェアハウス

◯
1戸から数人分の賃料が得られるので利回りが高い
◯
複数人が入居するため空室リスクが低く安定収入が期待
◯
需要が爆発的に伸びており将来性が高い

詳しく見る

シェアハウス投資・経営のサポート会社ガイドの写真
What’s Management of Share house

【特集】
需要急上昇中の
シェアハウス経営とは

ここ数年で、一棟買い不動産投資の主役に躍り出つつある物件形態。

シェアハウス投資の魅力は、1戸から複数の賃貸収入がえられる利回りの高さ。4LDKで家賃相場16万円の物件を1人に貸し出せば得られる家賃は月16万円。しかし、4人に1人当たり6万円でシェアハウスとして貸した場合だと、月の家賃収入は24万円になります。また、空室リスクの低さもメリットのひとつ。1人が退去してもまだ3人入居者がいるため、家賃収入は月24万円から18万円に落ちてしまうものの、収入が0となることはありません。一棟買い不動産投資を検討している方は、シェアハウス投資も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

シェアハウス投資・経営のサポート会社ガイドの写真
Guide

シェアハウス
投資・経営の
サポート会社ガイド

シェアハウス投資経営のサポートに定評のある会社を紹介します。

一棟買い不動産投資のイロハ

一棟買い不動産投資を始めるなら知っておきたい基礎知識

一棟買い不動産投資で成功するためには、必要最低限、どうしても知っておいたほうが良い情報があります。「資金や税金について知りたい」方や「どんな投資物件を購入していいのかわからない」「不動産の購入会社、投資会社選びで迷っている」「所有物件の空室が多くて困っている」といったお悩みを持っている方々はぜひ参考にしてください。

  • メリットとリスク

    利回り・収益性や空室、将来性などの面で、一棟買い不動産投資にはどのようなメリットやデメリットがあるのかを解説します。

  • 利回りについて

    一棟買い不動産投資ではいったいどのくらいの利回りが期待できるのか。築古・築浅物件それぞれの利回り相場を紹介します。

  • 必要資金について

    必要な諸経費や内訳について説明していきます。用意しておきたい自己資本比率や、ローンとその金利についても説明します。

  • 税金について

    知っておきたい一棟買い不動産投資に関する税金の課税額算出方式例や、住民税、相続税などの節税対策について解説します。

  • 一棟目を買う際の注意点

    最初の一棟目の物件を購入するときに押さえておくべき8つのポイントとは何か?低リスク・高利回り物件なども紹介します。

  • 購入会社の選び方

    不動産投資成功の鍵でもある購入会社の選び方について解説。一棟買い不動産投資物件購入で定評のある5つの会社もピックアップ。

  • 空室対策について

    一棟買い不動産投資で収益性を高めるために、空室率を下げる方法は?空室対策の重要性と、一棟買いの有効性について解説します。

  • 売却について

    効率よく売却するための秘訣、再収益物件化をはかれるリフォームなどを解説。投資をプラス収支で完了させるための出口戦略とは。

  • 知っておきたい失敗事例

    一棟買い不動産投資に失敗してしまった人の事例集。ローンの返済期間、資金計画、税金などの面で躓いたケースを紹介します。

免責事項
※こちらは、個人で調査した内容をもとに構成しています。正しい情報を記載することを心がけておりますが、万が一誤りがあった場合は、ご了承ください。 また、サイト内で紹介しているシェアハウス経営・投資のサポート会社に関する最新情報は、公式サイトでご確認ください。
TOP